2007年06月08日

治験担当モニターの必需品「病院の検査がわかる検査の手引き」、「医者からもらった薬がわかる本」

昔は重たい本を持って行ったもんだが、今では、電子辞書で全てOK!

特にCASIO 電子辞書「Ex-word」シリーズが優れもの!!

漢和辞典の「手書き入力」が嬉しいぞ。

もちろん、検査、薬、医学用語(英語)も充実している。

英語のネイティブ発音も勉強になる。



★CASIO 電子辞書「Ex-word」 XD-SW6400

(SDVで役立つ収録辞書)

・医者からもらった薬がわかる本 2007年版 法研 内服薬約6200品目/外用薬約1900項目

・病院の検査がわかる検査の手引き 新装改訂版 小学館 約480項目

・「女性検診」がよくわかる本 小学館 113項目

・気になる検査値がわかる事典 日経BP社 170語

・EBM正しい治療がわかる本 法研 177疾病

・日経ヘルス サプリメント事典 2006年版 日経BP社 本体約1000項目/逆引きデータ約60項目

・ジーニアス英和辞典 第3版 大修館書店 約95000語



(ビジネスで役立つ収録辞書)

・ひとり歩きのビジネス英語自遊自在 JTBパブリッシング 約2700例

・広辞苑 第五版 岩波書店 約230000項目/表110種 「広辞苑分野別小辞典」収録 岩波書店監修

・経済新語辞典 2003年版 日本経済新聞社 約3500語

・ビジネス便利事典 学研 119項目

・ビジネスキーワード 日経BP社 約1000語

・英文Eメール200の鉄則 日経BP社 約1200例

・もっとうまいeメールの書き方 学研 110例



ビジネスから生活まで幅広いジャンルを収録(英単語85000語ネイティブ発音)CASIO 電子辞書「Ex-word」 XD-SW6400




CASIO Ex-word (エクスワード) 電子辞書 XD-SW6400 日中韓対応手書きパネル搭載 音声対応 100コンテンツ多辞書モデル






治験専門書店

治験関係者に役立つ本

ホーライ製薬『イノベーション25』推進室

治験推進センター(治験活性化センター)

架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

治験、臨床試験の情報サイト

僕の治験活性化計画 by ホーライ




posted by ホーライ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験に必要な本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CRC(治験コーディネーター)という仕事

手探りからはじめたCRC(治験コーディネーター)という新しい仕事と「CRCのこころ」の発見の記録。

創薬ボランティア(被験者)との出会いと別れ、CRCの喜びと苦しみが、治験現場からの貴重な声として語られている。


これからCRC(治験コーディネーター)になってみたい人はもちろんのこと、CRCの現場を知りたい治験担当モニター、ほかのCRCはどんなことをやっているのかしら?というCRCの初心者にも最適な本です。


CRC(治験コーディネーター)という仕事




CRC(治験コーディネーター)という仕事








ほかにも参考となる図書・・・・・


ナースのための治験入門

ナースのための治験入門(楽天)

ナースのための治験入門―リサーチナースってなに?(アマゾン)




CRCのための治験業務マニュアル

CRCのための治験業務マニュアル




CRCのための治験業務マニュアル






治験コーディネーターと治験管理室業務実例集

治験コーディネーターと治験管理室業務実例集




治験コーディネーターと治験管理室業務実例集







CRCスキルアップ実践マニュアル

CRCスキルアップ実践マニュアル




すぐに役立つ!CRCスキルアップ実践マニュアル






CRCテキストブック第2版

CRCテキストブック第2版




CRCテキストブック 第2版







CRCのための治験支援業務ガイド

CRCのための治験支援業務ガイド




CRCのための治験支援業務ガイド






治験に係る補償・賠償と個人情報保護法対応の実務Q&A

治験に係る補償・賠償と個人情報保護法対応の実務Q&A




治験に係る補償・賠償と個人情報保護法対応の実務Q&A






治験に係る補償・賠償の実務Q&A110

治験に係る補償・賠償の実務Q&A110




治験に係る補償・賠償の実務Q&A110







治験専門書店

治験関係者に役立つ本

科学入門図書

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本


架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」


posted by ホーライ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験に必要な本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

★統計解析のはなし―データに語らせるテクニック

今までに、僕が読んだ「統計解析」の解説本の中で最もやさしくて、分かりやすかったのがこの本です。

全くの初学者にも役立つと思う。

また、もう一度やり直そうと思っている人にも良い本。

実社会における何かを対象とする学問には、いまや統計学は欠かせない。

エクセルによって統計処理そのものに時間が掛からなくなったぶん、誤った手法を使って、かかなくても良い恥をかく可能性も増えた。

「何故その手法を使うのか」を理解しているかいないかが重要になる。

それはもちろん、治験や臨床試験を担当するモニターにとっても同様に言えることだ。

いつも気になっていたけれど、なんとなく敷居が高くて、ついつい勉強を先延ばしにしていた人には絶対にお奨めです。

きっと、買ってきて1ページ目を読めば、飽きずに読めて、1週間後には統計解析の基本的な考え方と、算出方法と、結果の意義がおぼろげならも、理解できていることでしょう。


統計解析のはなし改訂版




統計解析のはなし―データに語らせるテクニック







ホーライ製薬「イノベーション25」推進室本部

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ

posted by ホーライ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

医薬品業界を斬る!

★世界で一番売れている薬

第13回小学館ノンフィクション大賞受賞作

2006年の小学館ノンフィクション大賞「優秀作」を受賞した本作は、高脂血症治療薬「スタチン」を開発した遠藤章博士の半生記である。

約6000種類の菌類の試験から、ついに目的の物質「ML236B」を開発したが、会社の無理解、同一物質を発見したとするライバルの登場、特許をめぐる日米の障壁と商品化までに多くの曲折があった。

現在世界で3000万人がこの薬を飲んでいるといわれる。

最近、日本人の食生活の変化により、メタボリックシンドロームの危険性が叫ばれているが、心臓病や脳卒中による死亡リスクを3分の1にまで減らしたといわれるこの薬がなければ、もっと大変な事態になっていたのは間違いない。


世界で一番売れている薬





世界で一番売れている薬






★ビッグ・ファーマ―製薬会社の真実

製薬ビジネスにかかわるすべての人に読んでもらいたい書籍が登場した。

副題が「製薬会社の真実」とあることから、本書をいわゆる暴露本ととらえる人もあるかもしれないが、その主張のほとんどはしっかりとした根拠に基づいている。


著者のエンジェル氏は、医学雑誌The New England Journal of Medicineの前編集長。

タイム誌が、米国で最も影響力のある25人に選んだこともある人物だ。

掛け値なしに一流のジャーナリストである同氏が、「製薬企業は不誠実で狡猾だ」と全力を挙げて告発するために著したのが本書である。



「製薬業界の技術革新力が特に優れているわけではない。

重要な薬の多くは、公的研究やバイオテク企業から生まれている」「製薬企業は薬が良く効くように見せかけるため、臨床試験に細工を施している」「薬の開発に多額の資金が必要だというのは嘘で、ほとんどはマーケティングにかかる費用である」などその内容は刺激的である。


ただし、著者が“悪”と断じている行為は、業界にとってはどれも当然のものばかりだ。

実際、製薬企業向けのセミナーでは、法の網をかいくぐって特許期間を半年でもいいから延長する方法や、ゾロ新薬をピカ新に見せかけるマーケティング手法が人気を呼んでいる。

それだけに、製薬業界がこの本にどう反論するかが興味深い。


ビッグ・ファーマ





ビッグ・ファーマ―製薬会社の真実








★<業界の最新常識> よくわかる医療業界

よくわかる医療業界





<業界の最新常識> よくわかる医療業界








★ひと目でわかる医療機器業界―業界の俯瞰図が瞬時に把握できる!

ひと目でわかる医療機器業界




ひと目でわかる医療機器業界―業界の俯瞰図が瞬時に把握できる!






★医療の値段―診療報酬と政治


医療の値段




医療の値段―診療報酬と政治






★入門 医療経済学―「いのち」と効率の両立を求めて


入門医療経済学




入門 医療経済学―「いのち」と効率の両立を求めて






★新薬スタチンの発見―コレステロールに挑む


新薬スタチンの発見




新薬スタチンの発見―コレステロールに挑む






★面白いほどよくわかる毒と薬―天然毒、化学合成毒、細菌毒から創薬の歴史まで、毒と薬のすべてがわかる!

面白いほどよくわかる毒と薬





面白いほどよくわかる毒と薬―天然毒、化学合成毒、細菌毒から創薬の歴史まで、毒と薬のすべてがわかる!






★図解入門業界研究 最新医薬品業界の動向とカラクリがよーくわかる本


最新医薬品業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本改訂第2版





図解入門業界研究 最新医薬品業界の動向とカラクリがよーくわかる本






★医薬品業界2010年の攻防―主力薬品の特許切れをめぐる業界の動きを先読む

医薬品業界2010年の攻防




医薬品業界2010年の攻防―主力薬品の特許切れをめぐる業界の動きを先読む






★ジェネリック医薬品ビジネス―マーケティング戦略と展望


ジェネリック医薬品ビジネス




ジェネリック医薬品ビジネス―マーケティング戦略と展望






★実践 医薬品マーケティング・コミュニケーション―医薬品マーケター必携の実務書


実践医薬品マーケティング・コミュニケーション




実践 医薬品マーケティング・コミュニケーション―医薬品マーケター必携の実務書





★ストロング・メディスン

ストロング・メディスン




★医薬品・病院業界の本特集
  ↓
医薬品・病院業界の本特集





架空の(仮想の)製薬会社「ホーライ製薬」

治験と臨床試験を考える「医薬品ができるまで」


全てのビジネスパーソンへのカテゴリー別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

「科学入門書」12歳から科学者になる方法

ホーライの「科学入門書」12歳から科学者になる方法
科学者になるための本。あるいは普通の変人になるための必読図書。
ホーライの12歳からの科学者

posted by ホーライ at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・製薬業界の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする