2007年06月08日

目でみるからだのメカニズム

本の名前のとおり「目でみる」(図、イラストが多い)ので、初心者には理解しやすいつくりになっている。

内容も初心者には十分で、「多すぎて分からない」ということが絶対に無い。

まずは、このあたりから生理学の基礎(からだの各部署、各臓器の働き)を理解し、覚えていくと良い。

非薬学、非生物系のモニター(例えば理学部化学科などの人)にはピッタリの本です。


目でみるからだのメカニズム新訂






「やさしい生理学」と「○×問題でマスター 生理学」

ある程度、生物学などの素養が有る人は、この本から始めると良い。

マニアックな項目はなく、あくまでも「やさしい」生理学になっている。


やさしい生理学改訂第5版






上記の本で生理学を学びつつ「○×問題でマスター 生理学 」で知識を定着させよう。

本書の問題は極めてシンプルで基礎的なものが多い。

とりあえず、ここまで押さえたら、薬理学の勉強に移ると良い。


〇×問題でマスター生理学







治験専門書店

治験関係者に役立つ本

ホーライ製薬『イノベーション25』推進室

治験推進センター(治験活性化センター)

架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

治験、臨床試験の情報サイト

僕の治験活性化計画 by ホーライ



posted by ホーライ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。