2010年09月12日

■薬の話 (中公新書) 山崎 幹夫 (著)

■薬の話 (中公新書) 山崎 幹夫 (著)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121010485/horaihonoyomu-22






今週の「医薬品ができるまで」でも引用させてもらった本です。

近代医薬品の開発には、長い年月と莫大な経費、そして数知れぬ研究者たちの労苦の積み重ねが必要とされる。

その結実は、人類をさまざまな病苦から解放すると同時に“新しい”薬への過信の入り混じった、いわば薬の氾濫の時代を生み出してしまった。

本書は、ペニシリン、モルヒネ、ビタミンB、インスリン、タカジアスターゼなどの身近な薬品開発のドラマと、効能や副作用のメカニズムを多彩なエピソードを混じえて語り警告する。

とにかく、本書の特徴は、著者の山崎先生が文学好きだ、ということ。

「夏目漱石」はタカジアスターゼを愛用。
「北原白秋」が糖尿病であるということからインスリン。
「正岡子規」の結核からストレプトマイシン

そもそも、出だしがこれ。
    ↓
「夏草やつわものどもが夢のあと」


★主な内容

1)吾輩は猫である。
  *抗潰瘍薬

2)秘方一粒金丹
  *モルヒネ

3)「B足らん」の時代
  *ビタミンB1

4)薄明の中の北原白秋
  *インスリン

5)いざ生きめやも
  *抗結核薬

6)みだれ髪の歌人
  *血圧降下薬

7)眠りへの逃避
  *麻酔薬、催眠薬

8)愛の妙薬
  *催淫薬

9)フレミングの神話
  *ペニシリン

10)五分間の戦い
  *狭心症治療薬

11)「薬なんか効くはずないよ」
  *精神病治療薬

12)メキシコヤムイモの魔法
  *抗炎症ステロイドとピル


■薬の話 (中公新書) 山崎 幹夫 (著)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121010485/horaihonoyomu-22





■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/

posted by ホーライ at 08:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

夏休みにおすすめの本「新しい薬をどう創るか」(創薬研究の最前線)

製薬業界で働きたい人、働いてみたい人、既に製薬業界で働いている人へのおすすめの本。

本書は「臨床開発」ではなく「基礎研究」の本だ。

しかし、ただの方法論ではなく、実際に使われている薬がどう創られてきたかという興味津々な部分をコンパクトに紹介している。

例えば、古くはアスピリン、インスリン、モルヒネから新しくは抗ウイルス剤、アルツハイマーの薬「アリセプト(ドネペジル)」、DDSの話題、そしてゲノム創薬まで。

臨床開発も大変だが、基礎でのシーズ探しのスクリーニングや新しい発想など、これまた苦労が絶えない。
だからこそ、「面白い仕事」なのだが。

この本は一般市民を対象として書かれてはいないが、ある程度の化学的知識、生物学的知識が有れば面白く読める。
なにしろ、ドネペジルを開発した研究者自身が書いた章もあるのだ。


本書は非薬学出身者で治験業界、製薬業界に入ったきたひとが薬の勉強をするときの「刺激剤・興奮剤・触媒」として読めるのはもちろんのこと、薬学出身者でも、最近の創薬技術をおさらいするのに丁度よい。

「新しい薬」を創るのって、どうして、こんなに面白いんだろう?

(なお、筆者たちは全て京都大学大学院薬学研究科の教授たちだ。)


新しい薬をどう創るか




新しい薬をどう創るか―創薬研究の最前線






【治験、臨床試験の情報サイト】

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」
posted by ホーライ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

新しい薬をどう創るか(創薬研究の最前線)

本書は「臨床開発」ではなく「基礎研究」の本だ。

しかし、ただの方法論ではなく、実際に使われている薬がどう創られてきたかという興味津々な部分をコンパクトに紹介している。

例えば、古くはアスピリン、インスリン、モルヒネから新しくは抗ウイルス剤、アルツハイマーの薬「アリセプト(ドネペジル)」、DDSの話題、そしてゲノム創薬まで。

臨床開発も大変だが、基礎でのシーズ探しのスクリーニングや新しい発想など、これまた苦労が絶えない。
だからこそ、「面白い仕事」なのだが。

この本は一般市民を対象として書かれてはいないが、ある程度の化学的知識、生物学的知識が有れば面白く読める。
なにしろ、ドネペジルを開発した研究者自身が書いた章もあるのだ。


本書は非薬学出身者で治験業界、製薬業界に入ったきたひとが薬の勉強をするときの「刺激剤・興奮剤・触媒」として読めるのはもちろんのこと、薬学出身者でも、最近の創薬技術をおさらいするのに丁度よい。

「新しい薬」を創るのって、どうして、こんなに面白いんだろう?

(なお、筆者たちは全て京都大学大学院薬学研究科の教授たちだ。)


新しい薬をどう創るか




新しい薬をどう創るか―創薬研究の最前線






治験専門書店

治験関係者に役立つ本

科学入門図書

世代別、年代別の定番ビジネス書

世界に影響を与えたビジネス書

自己啓発の本、成功哲学の本 by ホーライ

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本



【治験のことなら】

架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」




posted by ホーライ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

目でみるからだのメカニズム

本の名前のとおり「目でみる」(図、イラストが多い)ので、初心者には理解しやすいつくりになっている。

内容も初心者には十分で、「多すぎて分からない」ということが絶対に無い。

まずは、このあたりから生理学の基礎(からだの各部署、各臓器の働き)を理解し、覚えていくと良い。

非薬学、非生物系のモニター(例えば理学部化学科などの人)にはピッタリの本です。


目でみるからだのメカニズム新訂






「やさしい生理学」と「○×問題でマスター 生理学」

ある程度、生物学などの素養が有る人は、この本から始めると良い。

マニアックな項目はなく、あくまでも「やさしい」生理学になっている。


やさしい生理学改訂第5版






上記の本で生理学を学びつつ「○×問題でマスター 生理学 」で知識を定着させよう。

本書の問題は極めてシンプルで基礎的なものが多い。

とりあえず、ここまで押さえたら、薬理学の勉強に移ると良い。


〇×問題でマスター生理学







治験専門書店

治験関係者に役立つ本

ホーライ製薬『イノベーション25』推進室

治験推進センター(治験活性化センター)

架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

治験、臨床試験の情報サイト

僕の治験活性化計画 by ホーライ



posted by ホーライ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ファイザーCEOが語る未来との約束

世界最大手製薬会社トップの渾身の提言!

世界中のシステムが、ヘルスケアを標榜しながら、実際には多くの人々から健康と幸福をむしり取っている。

これはアメリカのみならず、世界に共通して見られる現象だ。

医療制度はもはや崩壊寸前、小手先の改革では立ち行かない。

従来の延長線上にない、新しい考え方が必要だ。


たとえば、治療から予防へ軸足し、真のヘルスケア社会を実現することがカギになるのではないか。

だれでも体にメスを入れるより、薬で治したほうがいいだろう。

さらには、病気にならずすむなら、それにこしたことはない。

こうして、個人個人の健康を取り戻すことは、結果として社会全体のコストを下げることにもつながるのである。


ファイザーCEOが語る未来との約束




ファイザーCEOが語る未来との約束






治験関係者に役立つ本

架空の(仮想の)製薬会社「ホーライ製薬」

治験と臨床試験を考える「医薬品ができるまで」


全てのビジネスパーソンへのカテゴリー別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

「科学入門書」12歳から科学者になる方法



posted by ホーライ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

「2010年危機」をどう乗り越えるのか? 医薬品業界再編地図―相次ぐ大型合併で終わりのない戦いが始まった!

企業の浮沈を左右するのは新薬開発体制づくり。急がれる「2010年危機」をどう乗り越えるのか?

アステラス製薬、第一三共、大日本住友製薬の誕生-。

2005年は医薬品業界再編時代の幕開けとなった年であった。

新薬開発体制づくりなど、注目会社の置かれた状況、将来像、戦略を分析し、再編の可能性を探る。


医薬品業界再編地図




医薬品業界再編地図―相次ぐ大型合併で終わりのない戦いが始まった!




posted by ホーライ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBAを超える医薬品ハイブリッド・マーケティング―6兆円市場で勝つための市場戦略

医薬品を取巻く周辺環境とその対策を克明に記した、医薬品マーケティングの教本。

大手製薬企業で営業本部・マーケティング部を歴任し、現場を知り尽くした著者ならではの提言が随所に盛り込まれています。

法的規制が多い医薬品業界では、伝統的なマーケティング手法が採用されてきました。

しかし、製薬企業の合併が日常茶飯事になり、業界に変動が続く今となっては、伝統的なマーケティングに頼りきることへの限界が見えています。


本書はこの時代を生き残るための、異業種のより優れたマーケティングと医薬品業界伝統の手法をミックスした「ハイブリッド・マーケティング」を記した教本となっています。

MBAを超える医薬品ハイブリッド・マーケティング




MBAを超える医薬品ハイブリッド・マーケティング―6兆円市場で勝つための市場戦略







治験関係者に役立つ本

架空の(仮想の)製薬会社「ホーライ製薬」

治験と臨床試験を考える「医薬品ができるまで」


全てのビジネスパーソンへのカテゴリー別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

「科学入門書」12歳から科学者になる方法
posted by ホーライ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本医薬品企業の構造改革

日本の医薬品企業の一部は果たして生き残り、世界医薬品市場の一角を占め得るのか?

また、ローカルのまま単独でも国内市場で一定の市場地位を確保していけるのか?


厚生労働省の「医薬品産業ビジョン」の発表で、製薬企業人が改めて認識することになったこの不安に対し、解を出すべく取り組んだ書籍。

日本ロシュを退社しコンサルタントとして独立した著者が、製薬企業の社員に問題意識を促したものでもある。


内容はまず、日本の医薬品産業が現在直面している事業環境上の課題を「4つの構造的危機」として整理。

課題を克服するためには、研究開発ポートフォリオ・マネジメント、営業・マーケティング、人事制度、流通など、企業全般にわたる構造改革が不可欠であるとして、医薬品企業が実行するべき「全般的構造改革プログラム」を提言している。

日本の医薬品企業が陥っている4つの構造的危機を概説し、「研究開発ポートフォリオマネジメントの改革」「営業体制の改革」「人事制度の改革」「流通構造の改革」として構造改革のプログラムをまとめ、提示する。


日本医薬品企業の構造改革

日本医薬品企業の構造改革








治験関係者に役立つ本

架空の(仮想の)製薬会社「ホーライ製薬」

治験と臨床試験を考える「医薬品ができるまで」


全てのビジネスパーソンへのカテゴリー別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

「科学入門書」12歳から科学者になる方法


posted by ホーライ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医薬品企業の経営戦略―企業倫理による企業成長と大型合併による企業成長

企業成長を目指して世界的な大型合併を繰り返す医薬品企業。

しかし、成長力の真の源泉は患者さんの生命を助けたいという強い思いだった!


多数のデータを駆使して医薬品産業の現状を分析し、これからの同産業がいかにあるべきかを問う。

医薬品メーカー関係者、医療関係者、経営学者等必携の書。


医薬品企業の経営戦略




医薬品企業の経営戦略―企業倫理による企業成長と大型合併による企業成長





治験関係者に役立つ本

架空の(仮想の)製薬会社「ホーライ製薬」

治験と臨床試験を考える「医薬品ができるまで」


posted by ホーライ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不確実性のマネジメント 新薬創出のR&Dの「解」

問。巨額投資を要する創薬ビジネスは「バクチ」や「宝くじ」の類にすぎないのか?

答。否。


そこには競争優位の源泉たる固有のマネジメントが存在する。

新薬開発は、俗に「千に三つの成功」「アイロンの開発を目指して電気ポットができる世界」と評される。

では、百億円を投じる画期的新薬の開発は、どこまでも"水もの"で、効果的なマネジメントなど存在しえないのだろうか?


気鋭の経営学者が創薬ビジネスの構造と、そこにおけるマネジメントのあり方を、本邦で初めて、明解に読み解いてみせる。

プロジェクトX的な開発ストーリー(世界初の高脂血症治療薬「メバロチン」、アルツハイマー型痴呆治療薬「アリセプト」)もふんだんに紹介しつつ、業界の雄・武田薬品の開発力の秘密を解剖し、かつ、これまで明らかにされてこなかった製薬企業の研究開発マネジメントの核心を書き下ろす。


産業間比較の視点を導入し、自動車からソフトウエアまでの、「イノベーション」研究史を、興味深いキーワードを通じて学べる工夫も凝らされている。


不確実性のマネジメント




不確実性のマネジメント 新薬創出のR&Dの「解」






治験関係者に役立つ本

架空の(仮想の)製薬会社「ホーライ製薬」

治験と臨床試験を考える「医薬品ができるまで」


全てのビジネスパーソンへのカテゴリー別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

「科学入門書」12歳から科学者になる方法


posted by ホーライ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。