2007年07月01日

科学入門書:病気はなぜ、あるのか(進化医学による新しい理解)

私たちの体はこんなにもうまくできた構造をしているのに、なぜ病気にかかりやすいのだろうか。

本書は「ダーウィン医学」(=「進化医学」、チャールズ・ダーウィンの自然淘汰の理論)をベースにして、病気やケガ、老化など我々にとって身近で重要な問題を、2人の進化学者がわかりやすく解説したものである。 

著者らは病気の原因として、防御、感染、新しい環境、遺伝子、設計上の妥協、進化の遺産の6つを挙げている。

そして、それぞれのカテゴリーの中で、病理は真価を認められないある種の利益と関係しているという例を紹介している。


人間にとって病気は憎むべき存在だという思い込みが、根底から覆されるような考え方である。


たとえば、防御について言えば、色白の人が重度の肺炎にかかると、顔色がくすみ、ひどい咳をするだろう。


この場合、くすみは欠陥があることの表れであり、咳は防御の表れである。
欠陥を治すことは有益であるが、防御を妨げて、排除してしまうと、大変なことになる可能性がある。

しかし、実際の医療の現場はまさに、防御を妨げるような治療法が行われているのである。



我々の体は長い時間をかけて、種の繁栄に有利なように進化してきていて、さまざまな肉体の現象は、どれもこの目的を果たす上で有効なのである。

医学を進化の視点で見ることは、病気の進化的起源を理解するのに役立ち、その知識は医学本来の目標を達成するのに大いに役立つ、と著者らは自信をもっている。

そして、我々は本書を手にすることによって、彼らの自信に間違いがないことを知るだろう


著者らは「老化とは若さの泉だ」と指摘している。
血管の老化、つまり動脈硬化にはカルシウムの沈着という現象が見られる。

骨折に際して、カルシウムの代謝を変える遺伝子が関与し、その遺伝子はまた動脈硬化を促進する役割を果たす。


つまり同じ遺伝子が一生の中でポジティブにもネガティブにも働くが、進化という立場から眺めると、この遺伝子は淘汰上有利に働く。
遺伝子が老いた場合に不利に働いても、若いときにわずかに有利に働くならばその遺伝子は集団の中に広がり続けていくはずだ。


このような研究報告を渉猟していくと悲惨で克服を至上命題とされている疾病の別な側面に気づかされる。

例えば、記憶中枢である側頭葉が選択的にダメージを受けるアルツハイマー病。

米国国立老化研究所(NCI)の研究者は脳の中でも最近になって進化した部位の異常が集中することに注目し、「過去400万年以上にわたって、人間の脳を非常に急速に増大させた遺伝子の変化が、ある人々にアルツハイマー病をおこさせているか、または、他の遺伝子の変化によって打ち消されることがまだないような副作用を生んでいるのではないか」と提案している。

 
痛風はどうだろうか? うつ病は? 分裂病や児童虐待にも適応的な意味はあるのだろうか? 

答えはすべて本書に書かれている。

原題は「Why We Get Sick」だが、「病気はなぜ、あるのか」という邦題も意味が深い。


医療関係者はもちろんのこと、生命や人間、動物、遺伝、病気などに興味のある人にお奨めです。(目から鱗がたくさん落ちます。)


著者のネシー氏はミシガン大学(Univ.Michigan)精神医学部教授で適応進化研究部門の代表、ウィリアムス氏は遺伝子淘汰説の提唱者の1人。
生物の形態や行動に、永い進化の過程で培われた適応的な意味があるように、罹病や老化といったプロセスにさえ進化的な意味があると主張する。




【目次】

病気の神秘/自然淘汰による進化/感染症の徴候と症状/終わりなき軍拡競争/ケガ/毒素―新、旧、いたるところ/遺伝子と病気―欠陥、変わり者、妥協/若さの泉としての老化/進化史の遺産/文明化がもたらした病気/アレルギー/癌/性と繁殖/精神障害は病気か?/医学の進化


病気はなぜ、あるのか




病気はなぜ、あるのか―進化医学による新しい理解






誰でも科学が好きになる「科学専門書店」サイト版

「科学専門書店」サイエンスブックのブログ

「12歳からの科学入門書」ブログ

治験専門書店

治験関係者に役立つ本


架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」


posted by ホーライ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

心が強くなるクスリ

積極的に「自分のあるがまま」を受け入れる。

プレゼンであがっているなと思ったら、「あぁ、あがっているのね。でも、いいさ。」と受け入れる。

地下鉄に乗るのが怖い。でも、その怖い気持ちを持ちながら「でも、地下鉄に15分乗っていれば、私の好きな彼に出会える」と受け入れる。

あがらないようにする、とか地下鉄は怖くないと自己暗示をかけようとせずに、それはそれとして、受け入れて、その先にある目的を考える。


森田療法は古いが、今でも使える心の処世術だ。



心が強くなるクスリ―「森田式健康法」ノート

心が強くなるクスリ


あるがままに老いる

あるがままに老いる



森田療法に関する本




posted by ホーライ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

『脳に組み込まれたセックス』あれも、これもの『脳三昧』の本

脳の研究の醍醐味は、脳を研究することによって『人間とは?』や『人間の心とは?』という人類最古の疑問に挑戦できることだ。



脳に組み込まれたセックス

脳に組み込まれたセックス


脳の進化学

脳の進化学


脳はどこまでわかったか

脳はどこまでわかったか


スルメを見てイカがわかるか!

スルメを見てイカがわかるか!


進化しすぎた脳

進化しすぎた脳


ついに脳は自分を研究する脳にまで進化したというわけだ。

この梅雨の時、雨空を見ながら読む本として、自分の脳を考えてみよう。
posted by ホーライ at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

月曜日を笑顔で迎えるために『ストレスをスカッと取る裏技』から森田療法まで。

仕事のうつがすっきり取れる本

仕事のうつがすっきり取れる本

本書は、従来の「暗い気分が後ろ向きな考え方を生む」という発想ではなく、反対に「誤った考え方が苦しい気分を生む」という事実に着目。うつを治す生活の仕方から心の持ち方まで、誰もが実践できる「心」の習慣術を提案する。


【目次】

第1章 “仕事のうつ”はどうして生まれるのか(仕事に「不安」がある人の考え方、ない人の考え方

第2章 職場のストレスが消えていくこころの習慣(まず、今までの考え方を点検する/自分への批判に反論する ほか)

第3章 「どう治すか」の最前線(「うつ病は薬で治る」の誤解/仕事の実際のうつ度を知る ほか)

第4章 いま、抗うつ剤は脳にどこまで必要か(うつの薬の種類とその作用/知っておきたい薬の副作用)

第5章 働きながらうつを治す生活のヒント(脳を“栄養失調”にしない/心に力を与える魔法の言葉 ほか)





こころとからだの疲れが取れる本

こころとからだの疲れが取れる本


この本は、自分で自分を気持ちよくする方法、すなわちリラクゼーション、ヒーリング、ツボ療法など、東洋医学の知恵がいっぱい詰まった一冊です。
最初から一ページずつ読むというよりも、グレーでブルーな気分のときや、からだのどこかに不調を感じたときに、そのつど役立ちそうなところだけを読んでください。
目次や索引で自分のかかえている体調や気分の状態を探し、からだの癒し方やこころの癒し方から、ふだんの生活でのちょっとした工夫“ストレスをかわす生活術”まで、見つけだすことができます。


【目次】

1 身もこころも生き返らせる処方箋(知っていますか、気持ちいいこと/ストレスは女の人生模様 ほか)

2 ストレスで疲れたこころをときほぐす(がぜん元気が出る即効ヒーリング/イライラ・ピリピリを鎮めてなごみたいとき ほか)

3 体調を整えて不快感を吹き飛ばす(からだの不調を気持ちよく治す即効メニュー)

4 ストレスをかわす生活術(あなたをとりまくストレスとうまくやる)



「疲れ」をとる裏ワザ・隠しワザ

「疲れ」をとる裏ワザ・隠しワザ




中高年の「うつ」

中高年の「うつ」


本書では、「抗うつ薬」の最新情報から、考え方のクセを治す「認知行動療法」、不安の強いうつ病に効果のある「森田療法」などを解説し、家族や職場の人のサポートのしかたについてもきめ細かなアドバイスをしている。

【目次】

第1章 なぜ、中高年層にうつ病が広まっているのか?

第2章 うつ病はこんな病気です

第3章 うつ病になると、こんな症状が現れる

第4章 病院での治療について知っておきたいこと

第5章 うつ病のほとんどは薬で治る

第6章 うつ病を根本から治す精神療法

第7章 「うつ」から抜け出すための心のダイエット法

第8章 家族や職場の人にお願いしたいこと



『あるがままに生きる森田療法』

森田療法

森田療法


この本に、何度、僕は助けられたことか。

岩井先生の絶筆でもあり、凄まじい執念を感じる本でもある。

でも、きっと岩井先生は、がんで死にゆく自分をあるがままに受け止めていたんだろう。






楽天の歩き方『超楽天主義』

posted by ホーライ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

この問題集で生理学をマスターしよう!

簡潔にして要を得ている問題集だ。

参考書が無くても、この問題集を暗記するだけで、次に続く薬理学をマスターできる。

臨床開発モニターやCRCを目指している人は必携です。


○×問題でマスター生理学

○×問題でマスター生理学



posted by ホーライ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

10万人の医師に質問できるQ&Aサイト

医師たちが結構、真摯に質問に答えている(あたりまえか)。

10万人もいれば、そういう人だっています。

薬剤師もそうだし、どんな職業でも、真摯な人たちによって、その職業の質が決まってくるというものだ。


======================================================================
■━━━━━┓
┃会員募集中┃ 10万人の医師に質問できるQ&Aサイト【 AskDoctors 】
┗━━━━━■          【期間限定】特別キャンペーン実施中!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UBL3N+AP7H6A+O6U+C4DVN
======================================================================


僕も当然、会員になった。(無料だし。)



===ソニーグループの医療サイト紹介=====================================
■━━━━━┓
┃医師の方へ┃ 医師・医療従事者14万人が読んでいる、
┗━━━━━■ 【 医療ニュースメルマガ(無料)】をご存知ですか?
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UBL3E+D1R12Q+O6U+661TV
======================================================================


これまた、超便利なので重宝している。

医療関係のニュースとそのフォローが良い。

登録することにより、ホームページが見られるのも良い!
posted by ホーライ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

2005年03月14日

「人はなぜ悩むのか」

人間は「第三者的な眼」で自分を眺めることができる動物である。
そして、その「第三者的な眼」で自分が持つ苦悩の本体を見つめようともしている。
その苦悩の本体を取り除こうとする過程において、他者と自分との関係を考えざるを得ないことを教えてくれる。

著者は「心の病」を専門とする精神科医である。
それだけに、ともすると「薬」による治療を優先して書かれてしまいそうなところを、自分自身を見つめることを重要視している。
また、そのような時間を持つべきだとも言っている。

本当は自分は何を求めているのか? 何を必要としているのか?

それを熟考することを勧めている。

自分の本心を素直に認めること。
それが、悩みから開放される第一歩だ。

本書はそんなことを具体的に伝えてくれる良書だ。





悩みが多くなると、つい手を伸ばす本だ。

posted by ホーライ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。