2007年06月30日

治験入門の本:CRC(治験コーディネーター)という仕事

手探りからはじめたCRC(治験コーディネーター)という新しい仕事と「CRCのこころ」の発見の記録。

創薬ボランティア(被験者)との出会いと別れ、CRCの喜びと苦しみが、治験現場からの貴重な声として語られている。


これからCRC(治験コーディネーター)になってみたい人はもちろんのこと、CRCの現場を知りたい治験担当モニター、ほかのCRCはどんなことをやっているのかしら?というCRCの初心者にも最適な本です。


CRC(治験コーディネーター)という仕事




CRC(治験コーディネーター)という仕事








ほかにも参考となる図書・・・・・


ナースのための治験入門

ナースのための治験入門(楽天)

ナースのための治験入門―リサーチナースってなに?(アマゾン)




CRCのための治験業務マニュアル

CRCのための治験業務マニュアル




CRCのための治験業務マニュアル






治験コーディネーターと治験管理室業務実例集

治験コーディネーターと治験管理室業務実例集




治験コーディネーターと治験管理室業務実例集







CRCスキルアップ実践マニュアル

CRCスキルアップ実践マニュアル




すぐに役立つ!CRCスキルアップ実践マニュアル






CRCテキストブック第2版

CRCテキストブック第2版




CRCテキストブック 第2版







CRCのための治験支援業務ガイド

CRCのための治験支援業務ガイド




CRCのための治験支援業務ガイド







治験専門書店

治験関係者に役立つ本

架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」



ラベル:治験入門書
posted by ホーライ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

★治験総括報告書のあり方

ICHのガイドラインに沿って「治験の総括報告書」を作成するにはどうしたらいいのか?

本書は日本における「治験の総括報告書」作成に関する唯一のマニュアル本。

モニターはもちろんのこと、CRCもモノは試しに読んでみるといいと思います。

「へー!こうして治験の結果ってまとめられるのね。だから、モニターはこういうことを聞いてくるのね」と思えるはず。

メディカルライティングを目指す人にとっては、もちろん、必読の図書です。


治験総括報告書のあり方(楽天)


治験総括報告書のあり方(アマゾン)





治験専門書店

治験関係者に役立つ本

科学入門図書

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本


架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

posted by ホーライ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

★統計解析のはなし―データに語らせるテクニック

今までに、僕が読んだ「統計解析」の解説本の中で最もやさしくて、分かりやすかったのがこの本です。

全くの初学者にも役立つと思う。

また、もう一度やり直そうと思っている人にも良い本。

実社会における何かを対象とする学問には、いまや統計学は欠かせない。

エクセルによって統計処理そのものに時間が掛からなくなったぶん、誤った手法を使って、かかなくても良い恥をかく可能性も増えた。

「何故その手法を使うのか」を理解しているかいないかが重要になる。

それはもちろん、治験や臨床試験を担当するモニターにとっても同様に言えることだ。

いつも気になっていたけれど、なんとなく敷居が高くて、ついつい勉強を先延ばしにしていた人には絶対にお奨めです。

きっと、買ってきて1ページ目を読めば、飽きずに読めて、1週間後には統計解析の基本的な考え方と、算出方法と、結果の意義がおぼろげならも、理解できていることでしょう。


統計解析のはなし改訂版




統計解析のはなし―データに語らせるテクニック







ホーライ製薬「イノベーション25」推進室本部

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ

posted by ホーライ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

『患者のための「薬と治験」入門 』・・・治験関係者は時々原点に戻ろう

患者の視点を忘れたところに「治験の促進」はありえない。
 
治験における主人公は治験責任医師でも治験依頼者でもない。
治験に参加してくださる患者さんだ。
 
治験に慣れてしまった治験関係者は時々本書を読み返そう。

僕たちは治験の原点に戻る必要がある。


患者のための「薬と治験」入門




患者のための「薬と治験」入門






●医薬品ができるまで
http://iyakuhin.web.fc2.com/index.html

●ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/

■僕の治験活性化計画 by ホーライ
http://chikengcp.269g.net/

●モニターとCRCのためのGCPメルマガバックナンバー
http://horai-gcp.seesaa.net/

posted by ホーライ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

患者のための「薬と治験」入門

僕たちは時々、治験の原点に立ち戻る必要がある。
治験の主人公は治験責任医師でも治験依頼者でもない。
命がけで治験に参加してくださる患者の皆さんだ。

治験に慣れてしまった心はそれを忘れる。
患者の視点を忘れないように、本書を時々読み返そう。


患者のための「薬と治験」入門

患者のための「薬と治験」入門




posted by ホーライ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

医薬品企業変革講座 マーケティング、外部環境、製品開発からの提案

あ〜〜!! 真野先生ではありませんか!!

いつぞやは研修の講師をやって頂きましてありがとうございました。

まさかこんな所でお会いできるとは思いませんでした。

今回の本は先生のお得意の分野ですね。

さっそく購入して読んでみます。

また、講師をやってくださいね。

(楽天)

医薬品企業変革講座


(アマゾン)

医薬品企業変革講座


著者:真野俊樹
出版社:薬事日報社
サイズ:単行本/251p
発行年月:2004年10月


posted by ホーライ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ナースのための治験入門

患者のための治験入門や医師のための治験入門、一般的な治験入門などなど、いろんなパターンの治験入門本が出るといいと思います、ハイ。


ナースのための治験入門



◆架空の製薬会社『ホーライ製薬』

◆医薬品ができるまで

◆ホーライ総合ショップ

posted by ホーライ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

新薬創製への招待

治験入門の前に、そもそも臨床開発の前に、新薬が世の中に出るまでの流れを知らないといけない。

そのためには、この一冊です。
  ↓

新薬創製への招待

新薬創製への招待


この本で、基礎試験から販売承認後までの流れを大きく把握しておきましょう。
(法律が変わって多少、現状にそぐわない所も有りますが、微々たるものです。)




<アマゾンならこちら>

新薬創製への招待―創薬から市販後臨床試験まで


posted by ホーライ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

新人モニター必読図書

今日は、薬学関係の出身者のための新人モニター用「臨床検査」に関する本。

【入門編】

一般人向けの臨床検査

図解 病院の検査早わかり事典―あなたのからだの正常値・異常値




【初心者編】

ナースのための臨床検査

ナースのためのすぐわかる検査値ガイドブック


検査値早わかりガイド


検査値読み方マニュアル


ナースに必要な臨床検査マニュアル

検査値早わかりガイド―数値の意味と看護のポイントが一目でわかる


【中級者用】


臨床に役立つ検査値の読み方・考え方



臨床看護に役立つ検査値の読み方



検査値からわかる疾患―続・検査値の読み方


【上級者用】

臨床に役立つ検査値の読み方・考え方

とりあえず、入門編と初心者用から一冊選んで、熟読するのだ。
そして、あとは、現場で困りながら、体で覚えよう!

posted by ホーライ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験、臨床試験に関する本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。